ツーリングでビンディングシューズを傷つけたくない方へのご提案

愛用のマリンシューズ ロードバイク

どうも。かわざです。
最近はロードバイクでツーリングすることが多くなりました。
山や海の自然や観光地。

短い時間巡って、美味しいもの食べてまたロードバイクで帰る。非常に楽しい時間です。
ただ行くところによっては悩ましい問題も発生します。

そう、ビンディングシューズ歩きにくい問題です。
山は言わずもがな、観光地行くとたった少しの階段でも嫌なものです。
歩きにくいだけならまだしも、ビンディングシューズが傷つきます。
そんなの耐えられない!という方へご提案です。マリンシューズを持っていきましょう。
マリンシューズにハマって今ではジムでも使用しています!

ビンディングシューズで歩くのは良いことが一つもない

ビンディングシューズはロードバイクに乗ることに特化した靴です。
靴裏にはクリートと呼ばれるアタッチメントがついています。

それをペダルにカチッとはめて自転車に乗ります。
”踏む”だけじゃなく”引く”ときにもペダルを回せるので、
スピードは二倍!とは言いませんが、速くなります。

さて。

こんなロードバイクを漕ぐためだけに生まれた靴でかつかつ歩いたらどうなるでしょうか。
あらゆるものを傷つけることになるでしょう。

観光地で店内の床を傷つけます。

クリートはプラスチック様のものでできていますがそれは当然柔らかいものではありません。
硬く、そして通常の靴底とは違っています。
当然かかる圧力が変わるので、店内の床を傷つけやすいのはいうまでもありません。

ビンディングシューズという言葉自体があまり浸透していないため今はないかもしれませんが、
そのうち、

”ロードバイク用靴での入店お断り”
なーんてないと思いますが、お店の人はそういう気持ちになるかもしれません。

ビンディングシューズ自体が傷つきます。

前述の様にビンディングシューズではロードバイクに乗るためにだけに生まれた靴です。
歩くなんて、靴からしたら想定外の用途になります。
足先が浮く形になり、不安定で歩きにくいです。

私は一度山にロードバイクで行き、
ビンディングシューズのまま坂道やちょっとした砂利道を行動しました。
するとどうなったか。

クリートはボロボロに、そしてかかとのラバーが取れてなくなっているではありませんか!泣
ラバーは古い靴の底を切って、瞬間接着剤で貼り付けて補修しました。
私はこんな経験はもうしたくないです。。。

何よりあなた自身が傷つきます!

最後は大げさですが、聞いてください。
ビンディングシューズで歩き回ればまず疲れます。
バランスも悪いので転倒のリスクも通常靴よりは高いでしょう。

そしてビンディングシューズは安くありません。
これが傷ついたらみすぼらしいし、買い替えするには当然費用がかかります。

ということで、やはり歩くために靴を持っていくのがベストだと思います。

ツーリングにおけるマリンシューズの利点

ロードバイク乗りは軽量化に厳しい

ロードバイクに乗る人は極端です。
何が極端かというと、その無駄の無さです。

ボディは極限まで軽量化され、リュックなど背負わず、
サイクルウェアの背中ポケットになんでも入れて基本的に手ぶらで無駄な持ち物はありません。

だから普通の靴を持ってくなんてもっての他!だって重くなっちゃうから!
と常人には理解できない感覚なのです。

*最近私もその感覚がわかってきました。。。

かといって私はそれ以上にビンディングシューズが傷つくのが嫌なのです。
なのでマリンシューズを持っていきます!

愛用のマリンシューズ

①軽くてペタンコに潰せて背中ポケットに入る

マリンシューズは浜辺とかで足を守るペラペラの靴です。足袋に近いです。

重量は私のものを実測したところたったの158グラム。
こんなの水飲んだりすることによる増減を考えたら許せる範囲かと思います。

長さは大体靴のサイズと同じで30cm未満。背中ポケットにギリギリ入るサイズ!
折ったり丸めたりもできるので収納のしやすさ抜群です。

実際に背中に入れて走行しても全く気になりませんでした。

合わせて靴を入れる用の袋を持っていきます。
現地について、履き替えたビンディングシューズはこの袋に入れて持ち運べばOK!
これで目的地でも歩き回れます。

②通気性が良いので足が休まる

長時間ロードバイクに乗ってビンディングシューズ履きっぱなしでは疲れます。

マリンシューズに履き替えれば足の締め付けからは解放されますし、
通気性もいいので蒸れません。だから足が休まって帰りも元気に走行しやすくなります。

また本来は水辺で使用するものなので水に強いです。当然汚れたら洗えます。
こういう点も使いやすくて嬉しいですね。

③圧倒的な安さ

私が持っているものはたったの1200円です。
これでビンディングシューズやクリートの損傷を防げると思ったらかなり安いと思います。

騙されたと思ってぜひ導入して欲しいレベルの価格なのです。

【ジムでも】マリンシューズは一度使ったら好きになる

私は他にもジムでの筋トレ用の靴など、
特別走る必要がないときはマリンシューズを使用しています。

普段仕事帰りにジムへ行っているのですが、
普通の室内シューズを持っていくとカバンが二つ必要になります。
マリンシューズにすれば余裕で一つに収納可能です。

このように靴が嵩張るという状況を解決してくれるのがマリンシューズなのです。
これからの季節普通に海辺で使うのも良いと思います。

マリンシューズを使ってビンディングシューズを傷から守りながら、
ロードバイクライフを楽しんでいただければと思います!
かわざ

コメント