ジムに継続して通い続ける方法は”おひとりさま”で行くしかない

おひとりさま筋トレ トライアスロン

どうも。かわざです。
ジムに行こう!という人は季節の変わり目や年号の変わり目には多そうです。

そんな中、たま〜に聞くのが

「最近ジム行ってないわ〜」

という声。もしかしたらあなたも言ってませんか?
仕事が終わったらジムに行きたくてしょうがない私には考えられません。


ジムに継続して通えてない人には、”友人と行っている”方が多いです。
否定はしませんが、ネガティブな要素になっています。


ジムに継続して行けるようになるためには、
最近流行りの”おひとりさま”で楽しめることでが大切です。
一人で行ってやることやってサクッと帰りましょう。
自分の目標を達成する最短ルートです。

そしてジム内のおひとりさま同士で知り合って、
新たなコミュニティができたら行くのが楽しくて仕方なくなります。

ジムに二人以上で行くデメリット

友人が行かないと自分も行かない

まず二人の知り合いがいて、どちらかが仕事か何かで行けなくなったとします。
この時にもう一人も行かなくて良いや〜となってしまうことがあります。

ジムの継続、達成したい目標があるのであれば一人で行くべきです。
ダンベルは二人であげるものではないのですから。

雑談による時間の浪費とトレーニングの質の低下

普段あまり運動をしない人同士で行くとどうなるか。
ランニングマシンで歩きながら喋って終わります笑


そしてそこそこの滞在時間に満足して、少しマシントレーニングをして帰宅。
軽く動いただけで満足していませんか?


負荷をかけないと筋肉はつきません。
ある程度筋肉をつけないとダイエットも達成できません。
自分の1RM(最大挙上重量:トレーニングで一回だけあげられる重さ)を
把握して目安にトレーニングする必要があります。

またジムでどれぐらいトレーニングしたいかというのは人によって違います。
私は高負荷で一気にやって短時間で終了したい派です。

早く終わらせて本を読むか水泳の練習にあてたいので、
時間効率をあげるためにも一人で行ってメニューを完了しています。

ジムに行った後にラーメンを食いに行く

少し運動もしたし、なんか美味しいものでも食べるか。
そう思って行く先がラーメン屋であればこれでプラマイプラスが確定します。


ジムを行った後には食事に行く。
これは全く悪いことではありませんが、脂質の取りすぎには注意が必要です。
1日でダイエットは達成できません。悪い習慣を作らないようにしましょう。

おひとりさま同士で仲良くなろう!

ジムでいつも見る人は大体一人で黙々と筋トレしてます。
そしてそういう人同士が知り合いになって楽しく会話しています。

二人以上でいくとどうしても内輪になってしまうので
新たなコミュニケーションが生まれづらいです。

ジム内での知り合いができれば、それは継続しやすさに繋がります。
私も直近では名前も知らない顔見知りの方がたくさんいて挨拶します。

スタッフはもちろん、すごい太ったカナダ人風の方、
水泳マスターズに出ている人、ジムのイベントで知り合った人。。。


などなど。
声のかける方法は簡単です。
同じようなトレーニングをしていたらさりげなく声をかけたり、会釈とかしてみましょう。
積極的に話しかけすぎるとうざがられるかと思いますが、相手も悪い気はしないはずです。

またプライバシーにあまり立ち入らないくらいの余裕持っている方が気が楽です。

顔見知りができれば刺激になりますし、ジムに行くことが楽しくなります。
そういう観点でも一人で行くことを基本的にお勧めします。

楽しみのために行くのか、目標のために行くのか

楽しみのためにジムに行って筋トレすることは否定しません。
ただ一人でもメニューを実施していくことが、体を鍛える上で重要です。
誰かに言われたからという弱い意志では達成できるものは多くありません。


もちろん二人で行ったとしても、
切磋琢磨できる関係であればそれは良い時間になります!
私も以前、ゴールドジム通いつめてボディビル大会に出場したりしているムキムキの友人に
トレーニングを教わったときはためになりました。


しかし基本的には一人でできることは大前提だと思います。
物事の継続、ダイエットや増量等の目標達成のためにはある程度自立が必要だと思います。
かわざ

コメント