【コスパ良い】HUIONペンタブとFireAlpacaが初心者デジタルイラストに最適な組み合わせ!

オススメHUIONペンタブ クリエイティブ

どうも。かわざです。
以前からイラストを練習したいなと思っていましたがどういうものがいいかを
考えるだけで長らく購入至っておりませんでした。


自分なりに調べてみた結果、
HUIONペンタブとフリーイラストソフトFireAlpacaが初心者ベストな組み合わせ!
ということでデジタルイラストデビューしてみました。
初めてでしたが、HUIONペンタブをMacへスムーズに導入できました。
コスパも良く満足しております!

ワコムとHUIONで悩んだ末のHUION INSPIROY H610PRO

アマゾンでいろいろ探してみました。
そもそも当初はIPadProも検討していましたが、
絵を描くだけには(私には)オーバースペックだなという風に思って気が乗りませんでした。


ということでペンタブ単体を探す方針に。
ペンタブといえばワコム!と知り合いに言われていましたが、
何故超有名メーカーのワコムではなくHUIONにしたのか。


それはHUION INSPIROY H610PROが、

・価格が少し安かった(4800円程度)
・サイドのショートカットボタンが便利そうだった(実際に便利)


という割と単純な理由で決めました。
ワコムでは同価格帯ではサイドボタンなかったです。

レビューは同じような星の数(4以上)だったので
あんまり迷わずに買ってみるが吉とも思いました。

HUION INSPIROY H610PROの梱包内容

HUION INSPIROY H610PROの中身はいたってシンプル。

  • 本体ペンタブ
  • ペン
  • ペン置き
  • USBケーブル
  • ダウンロードCD風 ダウンロード案内小冊子

もう今はCDとかでインストールとかはないんですね笑
私もCDドライブ持ってないのであっても捨てるだけですから。
形だけ引き継いでて、キュートです。


動作好調!HUION Tabletなるソフトをインストール

ということでホームページから、
ペンタブの筆圧やサイドボタンを設定するソフト、”HUIONTablet”をインストールします。

ホームページを開いて、ダウンロードを押して


Macを選択してダウンロード。インストールします。


かなりシンプルなソフト!
HUION Tabletの操作画面はかなり直感的で良いですね。
*説明書は英語でしたのでありがたい。。。

ショートカットキーの設定はこれから使いながら設定していく予定。
戻るや拡大縮小は元々設定されているので、
やはりサイドにボタンが付いているものにして良かった。

FireAlpacaにてサクサク動作

動作は好調です。
フリーソフトFireAlpacaにて30分くらい操作してみましたが、問題なく使えています。
私はペンタブを買うのは初めてですが、4800円程度なら満足の製品です


他気づいたことがあれば後日書きたいと思います!
検討されている方、おすすめです!
かわざ

コメント