ついに関東でも自転車保険加入義務化が!最安の楽天保険に入って安心をとっとと買おう!

2019年10月神奈川も自転車保険義務化 ロードバイク

どうも。かわざです。
先日、メルカリに出品していた本が売れたので、ローソンで発送しようと思った時のこと。
そしたら、自動ドアにこんな張り紙が。

”自転車保険加入義務化!”

おー!とうとうこの波が我らが神奈川県にも。。。
私は普段ロードバイクに乗るので、一応入っていましたが改めて加入した時の心境を書いて置きたいと思います。
自転車で死亡事故とか、1億円近い賠償とかありますから、軽視しないようにしたいですね。
サクッと保険に加入して、安心して自転車運転しましょう。

2019年10月から神奈川県、長野県、静岡県で自転車保険義務化!

2019年10月から上記の神奈川、長野、静岡、あと愛知県豊橋、茨城県笠間市、東京都足立区(2020年4月予定)で自転車保険が義務化されるようです。

義務化の背景としてはやはり賠償金が高額になることが挙げられます。
自転車も車の一種です。
歩行者にぶつかったりして、相手が転倒。大怪我、打ち所が悪ければ死亡事故に。。。
人力で動いているからといって、全く馬鹿にできないのです。

もし保険がなかったら賠償金を自分で払うことに。そうなれば経済的、精神的にもやられてしまいます。また事故に合わなかったとしてもそんなリスクが頭の影にちらついては安心して自転車に乗ることができません。

油断すれば自転車は危険な乗り物になる!実体験として

私は普段通勤、そして趣味でロードバイクを乗ります。
事故にあったことはないですが、あわや、というのはあります。。。

朝の通勤の時間だと、自分も車の運転手も急ぎがち。
信号のない、狭い路地で軽トラックが飛び出してきたりしてひやっとしました。

事故になって賠償問題になるのは対自転車、歩行者との事故です。
夜間では左側通行をしていない自転車が無灯で直進してきたり。
こちらはかなり明るいライトをつけているので察知できますが本当に危ないです。

あと、ながらスマホでの走行も、悲しいことに頻繁に見かけます。

万が一巻き込まれた、巻き込んでしまったとしてもお互いに安心なのは自転車保険なのです。

自転車保険の選び方は賠償金目安最低1億円?

とにかく、相手に怪我、もしくは死亡させてしまったという最悪のケース。
この時の保証カバーできる保険に入ることが第一です。

手近で、実際にあった判例をみてみました。

1.自転車対自転車の例 賠償額9266万円

男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突。男性会社員に重大な障害(言語機能の喪失等)が残った。(東京地方裁判所、平成20年6月5日判決)

https://hoken.kakaku.com/insurance/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E4%BF%9D%E9%99%BA/%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9/%E8%B3%A0%E5%84%9F%E4%BA%8B%E4%BE%8B/

2.自転車対歩行者の例 賠償額9521万円

男子小学生(11歳)が夜間、帰宅途中に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において歩行中の女性(62歳)と正面衝突。女性は頭蓋骨骨折等の傷害を負い、意識が戻らない状態となった。(神戸地方裁判所、平成25(2013)年7月4日判決)

https://hoken.kakaku.com/insurance/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E4%BF%9D%E9%99%BA/%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9/%E8%B3%A0%E5%84%9F%E4%BA%8B%E4%BE%8B/

同じ事故というのはない(あってほしくない)ので単純比較はできませんが、
後遺症が残ってしまった場合、1億円近い賠償額となるようです。
逆に、死亡事故の場合は3000~6000万円ぐらいのようです。


事故をは起こそうとして起こす人はいませんが、
万一の想定としては保証額が最低1億円は必須なのかなと思いました。

【私が選んだ保険】最も安い楽天の自転車保険に入っています

ローソン保険には申し訳ないですが、私はすでに保険に入っています。
迷わず楽天の自転車保険にしました。
その名も 自転車保険プラン<節約コース(本人型)

何と言っても申し込み・手続きが楽であること

楽天市場で申し込みできるのでかなり簡単です。
なんか保険屋とかに申し込むと形式ばってて尻込みしたり、保証色々見たら不安になりそうですが、これなら手軽に購入できます。

【個人賠償責任補償額1億円】保証十分、価格そこそこ

自転車保険プラン<節約コース(本人型)は月170円。年払いは1960円。
なんだかケチくさい響き。一つ上の標準コース(年払い3350円、ちなみにその上は充実コースで5380円)に誘導しているのを感じて、それが逆に節約コースで十分であるという確信を強めた。

まあ転ばぬ先の杖のお金かけすぎてもキリがないので。

また他に調べれば楽天損保が安いとかあるようだが、
数百円の世界なので、別に構いやしないわたしは。

ポイントで払えるのがやっぱり良い。

楽天カードを持っている人が多いと思う。
私は楽天カードをメインに使って、そのポイントで楽天モバイルの携帯代とか払っていましたが、
そのノリで自転車保険も片付けたい。

っていうか楽天市場に買いたいものがなかったり送料がネックでポイントだけ溜まる現実・・・。
人によっては実質タダ!なのです。


ということで神奈川も自転車保険が義務化ということで色々書きましたが、
結局事故に合わない、起こさないのが最も大事!
安全運転・自転車整備を怠らなければ重大な事故の可能性はもちろん低くなるはず。
ルール守って気をつけて運転しましょう!
かわざ

コメント