【人生のラマダン】バッタを倒しにアフリカへ 前野ウルド浩太郎氏 著書評

バッタを倒しにアフリカへ アフリカ関連記事

どうも。かわざです。
今回は話題の本を読んだので紹介させていただきたいと思います。
「バッタを倒しにアフリカへ 前野ウルド浩太郎 」


この本、正直表紙から漂う手作り感、チープ感はなんとも言えず
どれほど本気なのかは窺い知れませんが・・・。


前野氏は大真面目にアフリカに飛び込み、バッタ研究に東奔西走します!
そんな辛くも笑える一冊で、頑張ろうという人の背中も押してくれる。
私も元気出たので、紹介させていただきます。

【バッタに食べられたい】のっけから共感不能のクレイジーさ

前書きにある一文。
筆者の子供の頃の夢は

「バッタに食べられたい」なのだそうだ。


虫に食べられたいなんて想像しただけでも嫌だ笑
日本にいるバッタでも、噛まれたら出血ものだと思う。


しかしなぜ筆者にそんな欲求が生まれたのだろうか??

きっかけは科学雑誌で読んだとある記事らしい。
海外で大量発生したバッタを見学していた観光客女性が緑色の服を着ていて、
その服がバッタに食われてしまったという話!ほんまかいな!


その衝撃を受ける同時期、ファーブル昆虫記を読んでいたことも相まって、
虫への愛が爆発、昆虫学者を志したのだという。


ここで再度表紙をご覧いただきたい。

・・・。

本当にバッタに食べられたいんだなこの人!!!笑
そんなこんなで、アフリカはモーリタニアでバッタを倒す研究が始まったのです。
※バッタが皮膚に触れると蕁麻疹出るらしいです。

【ラテン語で焼野原】アフリカの食料問題の一つはバッタにある!?

タイトルの「バッタを倒す」
とは一体どういうことか??


ご存知の方も多いと思うがバッタの大群は災害です。
大群が飛来した場所の緑という緑は食べ尽くされ、荒野と化します。
当然農作物も例外ではなく、それが食料問題に直結するのは言うまでもない。
これを解決したら、アフリカでヒーロー、日本へ凱旋し研究機関に就職かも!

という昆虫への愛と人類の課題解決を両立した活動が「バッタを倒す!」なのです。


バッタは漢字だと「飛煌」、英語だと「Locusta」(ロクスタ)
そしてLocusta はラテン語の「焼野原」という意味なのだそう。


虫に与えられた名前の語源が焼野原・・・。
名付けられた当時、いかに恐れられていたかがわかる気がする。


また筆者のいうバッタは砂漠に生息するサクトビバッタであり、
観察するためにはサハラ砂漠で野営しなくてはならない。
その苦労、過酷さは計り知れないと思われる。

アフリカっぽいトラブル満載笑

先に断っておくとアフリカってどこやねん!問題がよく話題になる。
アフリカと言っても54カ国あります。
(国の数についてはややこしいのですが細かい話はここではしませんが)


筆者はバッタを倒しにアフリカへ、とタイトルにしていますが
厳密にいうと「モーリタニア」です。
でもアフリカって言わないとインパクトもないし、通じないのでそう言ってるのだと思います。


で、タイトルのアフリカっぽいトラブルに関してですが、
他のアフリカでも見られるな〜と感じたのでそれぞれ紹介させてもらいます!

【賄賂や没収】入国時にめっちゃテンション下がる

まずお決まり。入国時はもう本当にいろいろ難癖をつけられやすい。
私もガーナに行った時はパスポート取り上げられて賄賂を求められたり、
荷物開けてチェックされたりした。
(必死に言い訳して?何も払わず何も取られずに出てきたが。。。)


筆者の前野ウルド浩太郎氏には何が起きたか。
入国時に命の水、ビールを没収されたのだそうだ笑


イスラム教とは酒を飲むことを禁じられているが、前野氏はイスラム教徒ではない。
無関係と思い持ち込むが、ダメだと言われすべて没収。
しかし、これは賄賂がもらえなかった腹いせだったらしい。


この悲しいアフリカの共通点、賄賂文化はどうにかならないものかと思う。
もう少し安心して渡航できる環境ができないと経済成長にも影響があるだろう。
ちなみにその後、前野氏は簡単に青島ビールにありつくことができたとのこと笑

【情報不足】根拠無い金額ををふっかけられる

物事を進めるということに欠かせないのは情報です。
前野氏はサポートを現地人のティジャニ氏に依頼するのだが、
普通に金額をふっかけられる。


「外国人と同行する時(通常の)2倍は出してくれるが、コータローはどうなんだ?」


こんな具合だ。
しかし蓋を開けてみれば、外国人の同行で2倍の金額という事実はなく。
そもそもティジャニ氏は外国人と一緒に働いたことすらなかったのだ。


やはり現地人の方が情報を持っていて、我々を騙すなんて造作もない。
また金銭感覚も違うので、たとえ2倍の金額だとしても「その程度なら」と軽視しがち。

言い値で仕事をしたりするのは健全な取引にならないのかもしれないので
可能なら信頼できる人からの情報提供、仲介してもらうのがいいのかなと思う。

【根回し】交渉手段がヤギ賄賂

研究対象としてバッタが殺されてしまう事件?が発生する。
防除部隊が殺虫剤を巻いたのだ。(そういう部隊があるんですね)


前野ウルド浩太郎氏が、バッタ発生の連絡を受け、車を飛ばしていくもあるのは死骸ばかり。
これでは研究にならんと、対策する。


それがヤギ賄賂である。
防除部隊の面々にヤギをご馳走してあげるとメルシーの嵐。
そしてバッタを見つけたら退治する前に筆者へ連絡することを約束させるのである。


このヤギ賄賂はバッタ研究を進めるための根回しとして必要な準備!

【宗教?伝統?】サソリの毒対策が呪文

筆者が調査で野営した際。


夜な夜な一人で抜け出し、砂漠へと繰り出す。
野営地のライトは小さくなるまで歩いた先で、植物に隙間なく群がるバッタの幼虫を発見します。

この貴重な光景を収めようと奮闘するが夜のため暗く簡単ではなかった。
試行錯誤しながら片膝をついた瞬間に激痛。サソリに刺されてしまいます!


手近にポイズンリムーバーもなく、口で吸い出そうにも届かず万事休す。

翌朝。現地人に患部を見せると呪文を唱え、ペチンと叩いて終了。

「これで大丈夫だ」

宗教なのか伝統なのかわからないが、流石にこれは化学的ではないので多分ダメだろう笑
その後日本大使館の医務官に鎮痛剤、軟膏をもらった1日で痛みは引いたとのこと。
大事に至らなくてよかったですね。。。

【予測不能の事態発生】塩害でケージがやられる

筆者はバッタを飼育するために巨大なケージを作ろうと試みる。
なんと4m四方で高さ1.8mである。バッタをキープするためとは思えない。。。
強度も考慮。プラスチック網ではバッタに噛みちぎられてしまうらしいので金属製。


ところが数日経つと網が変色し、小さな穴が。。。
3ヶ月経つと腐って崩れ落ちててしまった!


原因は潮風。風が運ぶ塩で頑丈なつもりだったケージがやられてしまう。
当然実験は一切行うことができなかった。
自費で30万円がアフリカに溶けてしまったのだ。


こういう思いも寄らない出来事が異国の地。
それでも続けていけるかというところに熱意が試されていると感じました。

【念願】プラスアルファで悔しさを乗り越え京都大学白眉研究者に!

第7章 彷徨える戦士 冒頭。
「唇をキスをするためではなく、悔しさを噛みしめるためにあることを知った32才」
※彼女とかいなそうな雰囲気だったが?笑


前野ウルド浩太郎氏はバッタを倒すために奮闘してきたが、未だもがき苦しむ。
バッタに食べられたいという夢を追いかけた先にあったのは無収入。
預金通帳が突きつける現実。必要に迫られる就職活動。
周囲の人々の笑顔をSNSで見るたびに惨めな気持ちになってしまう。。。
これは挑戦する人の宿命なのだろうか。


切羽詰まった戦士は、今まで通り研究だけやっているということに疑問を持った。
異なった視点、プラスアルファが必要なのではないか。。。


バッタの現実は日本とかけ離れすぎてもはやどうでもいい話題(筆者)
ただ、自分をバッタ博士という広告塔として活動すればプラスアルファとなるはず!


そう思い立ってからは早く、民族衣装を纏ってプロモーション画像撮影を始める。
研究者が論文書かずに広告活動。。。しかしこれが功を奏する。


日本に帰国後のトークショーは満員!
プレジデントオンラインで連載企画が決定!
ニコニコ学会βに登壇!
活動を通して日本での熱烈なファンを増やしていく。


そして、今までの活動は前野氏を見捨てず、
若手研究者育成を目的とした京都大学白眉プロジェクトに応募し内定!
唇を噛み締めていた頃と一変、研究を続けるための最高の環境を手に入れたのだ。

今の時代、人と違うことをやる、
そしてそれを発信することってすごい大切なんだなと改めて思いますね笑!

【クライマックス】再度神の罰に挑む

神の罰。全てを緑のない「焼野原」にしてしまうバッタの大群。
アフリカ各地で猛威を奮っていた。


前野氏はモーリタニアに戻り、バッタの群れを追いかける!
そして念願の大群と対峙することができたのである!


この本の中で最も研究っぽいことをしだすのがこの章!
バッタ問題を解決のための手がかりを求めて、
飛翔に関すること、餌に関すること、眼に映るもの全てのデータを取集する。
車から捕虫網を突き出しバッタも大量に捕獲。
前野氏すごい!!!と思ったがやっぱり前野氏は前野氏。。。


作業着を脱ぎ捨て、全身緑色のタイツでバッタ達の前に仁王だちする!


・・・あえなくスルー笑


冒頭の観光客女性の緑色の服が食われたというのは伝説だったのだろうか笑


バッタにはスルーされたが真面目にデータをまとめ、バッタの好む着地場所の傾向も掴む。
その後、バッタは街に近づいため、駆除、観察は終了してしまう。
バッタ達には前野氏の論文の中で生き続けて欲しいと思う。

【人生のラマダン】喜びを強烈に感じるための我慢

前野氏はモーリタニアの3年間を人生のラマダンと表現した。
ラマダンとはイスラム教徒の行う断食のことである。

友達もいない、彼女いない、日本食はなく酒も制限されているその暮らしで、
サハラ砂漠を駆け回っていたのだ。しかしこの断食期間があったからこそ、
そして自分のやりたいことが認められ、評価され応援された時の気持ちは一塩だろう。
この本に書かれていない苦しいこと、不安なことがいっぱいあったと思う。
自分も養鶏が頓挫しそうになったり、発狂しそうになったことはある笑

空腹は最高の調味料。砂漠で飲む水は体の隅々を潤す。
それだけ我慢した分、強烈な喜びを得る権利があるのかもしれない。


アフリカって広いけど、孤軍奮闘して結果を出した先輩として尊敬します!
僕ももっと頑張ろう!そう思わせてくれる本でした!本当にオススメです!
かわざ

コメント