【はじめてのMX4D】映画プロメアで初体験してきた

アイデア

どうもかわざです。
以前から観たかった映画、プロメアを観てきました。
これ実はかなりのロングランの映画でして、MX4Dで上映されています。

今まで映画館なんて、ネットで手軽に観れるしと思っていたので、
MX4Dはかなり縁遠かったのですが、初体験しました。
ということでその感想を書きたいと思います。

映画プロメアめっちゃ面白い

プロメアの感想を先にいうとめっちゃ面白かったです!

監督、脚本は天元突破グレンラガンやキルラキルの今石洋之と中島かずきのタッグ。
制作はTRIGGERとX-FLAG最新映画(2019年5月24日公開)

さらに声優陣は松山ケンイチ、早乙女太一、はTRIGGER作品常連の方々で構成されています!

あらすじ

突然変異で火を操る人種、バーニッシュ。
攻撃的なマッドバーニッシュと戦うのが主人公ガロの所属するバーニングレスキュー。

同じ人であるバーニッシュとの関わり方の葛藤、
そして地球の存続をかかった戦いへと発展していく。

澤野弘之氏の音楽が最高すぎる…

たまにみるアニメで、これいいなぁという作品に共通するのが音楽でした。
偶然澤野弘之氏が担当していることを知り嬉しくなりました。

例えば
・キルラキル
・七つの大罪
・甲鉄城のカバネリ
・進撃の巨人

などなど。
は全て澤野弘之氏が音楽を担当しています。
シーンと音楽が連動していて、観る側の気持ちをより一層引き立ててくれます。
澤野弘之氏の音楽が一発で区別できるようになりました笑
それくらい印象的で素晴らしいです。

プロメアの特に良いシーン流れる曲は
infernoとNEXUSです。
自分は音楽だけ予習していったので、流れるたびにテンション上がりました。

炎炎ノ消防隊からパクリ疑惑?

ソウルイーターで有名な大久保篤氏の連載中漫画 炎炎ノ消防隊がアニメ化してたのですが、
なんだか作者がパクられたことをほのめかしていたようですね!

個人的には入り口(人間が燃える、消防士)というのは似てるけどその後の世界観は全く違うような・・・。というのが個人的感想でした。

MX4Dと4DXは作ったメーカー(国)が違う!

私は頭の中で混同していましたが少し違うみたいです。
自分の耳なじみにしていたのは4DXでしたが今回TOHOシネマズで見たのはMX4D。
ウィキペディアではこう。

MX4D(エムエックスフォーディー)は、アメリカ合衆国のMediaMation社によって開発された4D映画システムであり、座席の動き、臭い、水などで映画の演出を行う。座席が映画の内容に合わせて様々な方向に傾斜したり、エアーブラストが用いられたり、触覚を感じさせる演出が行われたりと様々な技術が使用されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/MX4D

競合としては韓国企業傘下の作った4DXがあります。

“4DX(フォーディーエックス)は、韓国CJグループ傘下のCJ 4DPLEX社が開発した映画館用の環境効果技術。映画上映時に、標準の映像・音声に合わせて座席稼働や環境効果が体感できる。”

https://ja.wikipedia.org/wiki/4DX

ユナイテッド・シネマやイオンシネマは4DXの模様です。

初めてのMX4D!驚いたけどめっちゃ作品を楽しめた!

MX4Dは専用の劇場での上映になります。
初期投資かかるので全国での上映、というわけにもいかないんですね。

で、まず驚いたのが、値段。通常料金プラス1000円。
だから普通に見ると大人2900円。
ちょっと高いと思うけど、大掛かりなので当然な気がしなくもない笑

映画は日によって安い。ファーストデイとかレディースデイとか。
そういうのを利用してみた方が良さそう。
ちなみにファーストデイにいったらほぼ満席でした。
みんな考えることは一緒という笑

コインロッカーに荷物を預ける

劇場入り口にコインロッカーコインロッカーがあります。
荷物は持ち込み不可なのです。
*え!そんなに激しいの?っと思って少し不安になりました笑

席は一見普通の映画館シートなのだが、
4席で一つの装置になっていて、それが動く。
予告をいつもどおり見終わって、MX4Dモードに入ると座席が連動して動き出します。
え、これ二時間耐えられるのか?というくらい激しく感じました。

思ってたより動く…楽しい!

最初は酔いそうとか思ってましたが意外とすぐに順応します。
主な動き・効果としては、

・ソファ尻 振動バリエーション
・ソファ背中 振動バリエーション
・耳元エアー (プシュー!)
・足下エアー&なんか紐がついててパラパラ足に当たる笑
・ライト 白 赤 青 黄 がチカチカ
・前後の傾斜
がありました!

プロメアはかなり動きが激しいので、主人公と一緒に吹っ飛ばされたり、
壁に叩きつけられたりする感覚を味わえます笑


場面に応じた動きのコンビーネーションでむしろ映画に入り込める。
終わってみれば、映画の楽しさとアトラクションを終えた爽快感?もありました!
アクションなど動きのある映画の新しい楽しみ方だなと、遅れて知りました笑

一度も行ったことない方は、ファーストデイとかに行ってみると、
今までにない体験が出来るかと思います!プロメアもおすすめです!
かわざ

コメント