【可愛すぎ】弊アフリカ農場で初の豚の赤ちゃん産まれました!

生まれたての子豚 アフリカ関連記事

どうも。かわざです。
私たちは、アフリカはガーナで養鶏場をやっています。


養鶏やりたいという気持ちありつつ、様々な可能性を探りたいという気持ちもありました。
そこで、私たちはキノコ栽培やボアホール(水)、そして養豚を小規模ながらやっています。
そろそろ「農業やってます」のほうがしっくりくるのかもしれません笑


今回は先日私たちの農場内にて豚の赤ちゃんが生まれましたので報告いたします!
その数なんと一度に10頭笑!!!!なんとめでたい!!!!

スモールスタートとはいえ、あらゆる可能性にトライしてきたので、
今後はもう少し方向性をまとめていきたいと思います!笑

農地開発!木を切り倒して小屋を建てる。

勝手に豚を発注したので仕方なく小屋を立てる

養鶏を進めていく中で土地を用意したわけですが、
一度にその土地全てを使うことは予算的にもマンパワー的にもできませんでした。


ということで鶏は飼育しつつ、空いてるスペースで豚の飼育を始めることになるのですが
実はパートナーのベンが勝手に開始しました笑


事前に相談してくれればもちろん全く問題ないのですが、
勝手に発注して、小屋を建てたいとパートナーから事後報告笑
誰の金でやるね〜ん!と言いつつ、前向きな気持ちでやるのだからまあいいか。
という感じでした。(彼が勝手にやるのは珍しい)


農場内にはまだ不要な木がなどが植えられたままだったので、
切り倒して開発を進めました。

豚小屋完成!手作り感満載だけど掃除も楽々!

完成した小屋がこちらです。
間も無くパートナーが勝手に発注した豚も無事に飼育開始です!


内部は2部屋に別れています。写真では3頭一緒ですが、雌雄を分けて飼育します。

内部はセメントで固められていますが、傾斜と、その先に穴が設けられています。
ボアホールから水を持ってきて、流せば掃除も楽々。
豚は綺麗好き、なので清掃についても考えられています!

成長早すぎ!与えらえたもの全てを食らう豚

養豚ビジネスに可能性を感じている人は多いと思います。
事実私たちも興味がありました。

しかし二の足を踏んだ理由としてはコスト面です。
豚は食べる量が半端ではなく、ほんの数ヶ月でかなり大きくなります。
餌代で破産する。。。それがありえないことでもないのです。


私たちの養鶏ビジネスが順調だったので、鶏の餌を与えて飼育しました。

また、そこらへんからポポゥというめっちゃ美味しい果実を拾ってきたり、
これまたそこらへんに「捨てられているスイカ」を拾ってきたりしました。
※売りさばけないからスイカが捨てられているのです。加工や物流にもチャンスがあることがわかります。

そして感動の出産へ。予想超えの10頭の子豚!

そしてパートナーから、メスのうち一頭が妊娠したという連絡が入ります。

へ?そんなに早いの?笑 買い始めたばっかじゃん!
という感じでしたが豚は8ヶ月くらいで交配可能になるみたいなんですね笑


そして妊娠期間は「3月3週3日」と言われております。
パートナーからも同じように言われて、グローバルスタンダードな表現なんだと思いました笑

3月3週3日 in English


妊娠したと聞いて、そのことを一回忘れた3ヶ月半後、
来週生まれるという連絡が!!!

予想では6〜7頭とのこと。いや〜そんなに生まれるのかと思っているとのこと。
え、そんなに生まれるの?と改めて思っていたその翌日。

まさかの10頭!!!
こんなに豚の赤ちゃんが可愛いなんて。。。動画もぜひ見てください!

今後はもう少し養豚事業を拡大します!

さて今後です。

今までは養豚ビジネスは農場の端っこでやってたサイドビジネスなのですが、
今回ちゃんと繁殖させることができたのは自信になりました!

ので少し拡大していきます!!!


さすがに10頭全部は飼いきれないので、
数頭を残しつつ、数頭は2ヶ月程度育てて売ります(ドナドナド〜ナ〜泣)


餌あげる量も掴めてきたので、これからは養鶏だけじゃなく養豚も。
ガーナの農場としてレベルアップしてまいりますので、宜しくお願いいたしまーす!
かわざ

コメント