アフリカで養豚コストを抑える方法は餌にあり

ガーナのローカル酒 アフリカ関連記事

どうも。かわざです。
数ヶ月前、アフリカはガーナにて豚の繁殖に成功しまして、7頭の赤ちゃんが生まれました。
めちゃめちゃ可愛いのでよろしければ豚の赤ちゃん記事参照ください!

【可愛すぎ】弊アフリカ農場で初の豚の赤ちゃん産まれました!

今後ですが、我々の農場のキャパシティと豚の食欲の無尽蔵さを様子見中です。
直近で売る予定ですが、飼育するコストがバカにならないので少し工夫をしています。

養豚コストを抑えるために餌を拾ってくる

きちんとした餌を購入して、豚に与えるとそのコストは計り知れません。
コスト面から見ると、豚の食欲というものは恐ろしいものです。
豚の週齢にもよりますが、10頭入れば一週間で100キロくらいは平気で食べます。


本腰入れて養豚をやっている訳ではなく、
まだ手探り中ですので現在はタダで手に入れられるものを与えています。

物流や食品加工の未発達のせい?スイカは道路脇で拾える

私たちがよくゲットするものの一つがスイカです。
良いのか悪いのか、道端に結構良い状態のものが捨てられています。

なぜか?


単純に売り切れないからです。(瓜)
もっというと物流の未発達や、食品加工場がないということもあるのかもしれません。
スイカでスイカジュース作ろうなんてあまりにも安直ですがそういうのがあれば、
食べられるものを捨てるということは少しは減りますよね?保存もできるし。
ちなみに拾ったスイカを私も食べたことありますが、
美味しく、胃腸に支障をきたすことはありませんでした。


何れにしても、売り切れないものが捨てられています。
これを大量に拾ってきて与えています。

酒作りの残りカス、ピトーペーストを与える

現地のお酒があるのですが、これの残りカスを与えるというのも良いです。
このお酒は正直好きではありません。
洗練されていない、微発泡ビール味です。清潔感も欠いており、余計まずく感じます。

興味のある方はぜひ現地でどうぞ。

このお酒の残りカスはゴミなので、無料、もしくは少額で買取ます。
豚に与えると非常に喜んで食べます。



本来購入すれば高額になるであろう豚の餌台をかなり抑えて生育しています。
サイズも順調に大きくなっていて問題ありません。
運送コストとか諸々で、月々150ghsくらいでおさまっています。
無事、販売できるまでできるまで続けていきます。こういう工夫なしだと結構厳しいですね。
かわざ

コメント